いぶろぐ part2

日々創作




TVの壁掛け工事

こちらのテンプレート(JUGEM用)はフリーダウンロードできるようになっています。
お使いになりたいからはこちらからどうぞ。 テンプレート[Rooms YouTube対応版]
テレビ無しのシンプルバージョンはこちら。 テンプレート[Rooms]
また感想やご意見、改訂版の確認などはこちらの記事へ。 [Rooms]シリーズサポート

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

屋久島に行く前にやり遂げたかったものが全く出来ていません。

ということで、どうやら、屋久島で果てることは無い模様。

さて、これから屋久島への荷物をまとめるところ(※出発は今夜ですが)

バックパック(リュックサック)の中身。
のはずが、途中からごっちゃに。

おやつ(大人なので1000円まで)

カメラ(LUMIX FZ50)
カメラの予備バッテリー 3個
カメラ用リモコン
バッテリー充電器
SDカード 1GB 1GB 512MB ※余分なデータはすべて消して軽くしてから)
ミニSDアダプター(携帯電話内のカードを流用できるように)
3脚
カメラ用(?)GPS ※これもデータを軽くしてから
GPS用単3電池 3〜4個
外部フラッシュ
各種フィルターセット

PSP もちろんフル充電
PSP用GPS
マップソフト
星観察ソフト
PSP用外付けバッテリー 8000mAh 9800mAh
PSP用 MSDuo(好きな音楽・ゲーム搭載)
PSP用充電アダプター (※比較的大きいので純正品で無いもの↓)
コンセント・USB変換器 2個(あるだけ持っていく)
USB→PSP充電アダプター (ミニUSB)

Bluetooth送信機
Bluetooth受信機
それぞれの充電ケーブル(USB)
ヘッドフォン(最近通常表記がヘッドホンだかヘッドフォンだかわからなくなってきた)

LEDライト
LEDライト用乾電池 単3電池 2個1組 を2組
小型LEDライト(乾電池一体タイプ) +9V乾電池(四角いやつ)
双眼鏡 80倍タイプ
双眼鏡 7倍(暗視タイプ)

手袋
携帯スコップ(多分使わないので重かったらはずす)
10得ナイフ

携帯電話
携帯電話用充電器(USBコードタイプ)
USB外付けバッテリー 3400mAh
バッテリー用充電ケーブル(ミニUSB端子)

万歩計(買ったら無くなったかも)
高度計
温度計(持ってないじゃん)
コンパス
時計(携帯に頼らないほうがいいかも)
サングラス(たぶんかけっぱなし)

水筒は邪魔なので、ペットボトルホルダー

折りたたみ携帯椅子

ハンカチ
ティッシュ
ミニタオル

バードアイマッチ
アルミ蒸着フィルム

お財布
現金(現地の食費・何かのためのお金・現地での支払い)
JALカード
飛行機や船や宿の予約明細
屋久島ガイド(ミニ)(持ってないけど)
メモ帳
ペン(濡れてても書けるのが最高なんだけどな)

酸素

車載用シガーソケット→USB変換器

非常食



発炎筒・・・は今回やめとくか

カッパ(トレッキングレインウェアとか書いてあったかも)

お守り

小型メジャー(なんか役立つかも?)


大型バックの中身

着替え
・シャツ
・下着
・靴下(多めに)
・ズボン(念のため)

帽子(あったほうがいいのかな、やっぱり)

車の鍵(シンプルに、他の鍵とは別にしたほうがいい・しかもバッグにつけたほうがいい)

カメラの説明書(まだ全然目を通してないから)

アメニティ
ICHIKAMI
DOVE
髭剃り(は、なくてもいいかな?)

一度ここで現物を確認しておこう・・・・



評価:
ソニー
¥ 13,150
(2006-09-08)
Amazonランキング: 14043位
Amazonおすすめ度:
デジカメの楽しさが広がった
いろいろな使い方が出来ます
元々は屋久島準備のために買ったものでは無いのだけれど、結果として屋久島のために買ったようなものとなった・・・・。

簡単操作で、写真に埋め込まれたEXIFの時刻情報を元に、緯度経度のEXIF情報を保管してくれるソフトつきのGPSレコーダー。

もちろん、屋久島では写真をバシバシ撮りまくって、それらの写真にこのGPSユニットからのGPS情報を足して、フリッカーの地図上にぺたぺた貼りまくる予定。

GPSの精度とバッテリーのもちがどの程度かはなんともわからないけれど、それは屋久島から帰ってきたときに明らかになるだろう。

と言うことで、帰ってきたらまた記事を再編集するかも。

で、本体は手のひらにすっぽりおさまる大きさで、カラビナでもストラップでもなんでも引っ掛けられるような大きさのわっか(?)がついている。
あまりかばんの奥にしまいこみすぎるとGPSとしての機能に不安があるので、あくまで腰とかかばんの外側につけるという仕様だと思う。

単3電池、もしくはUSBバスパワー駆動とのことなので、USB外付けバッテリーは万が一のときと考えて、少し単3電池を持って歩いてみようかな。
屋久島トレッキング10時間耐久・・・・。(笑)

他の人の使用レヴューを参考にしながら使ってみたいと思う。



評価:
モバイルキャスト
¥ 5,474
(2006-07-25)
Amazonランキング: 1189位
屋久島準備編と称して今回の旅行で準備したものをリストアップしていこうと思う。

まず、しばらく前に書いたiPodの音楽を二人で楽しむという記事にも関係してくるのだけれど、とにかくトレッキングをするときに音楽を聴きたい、しかしできるだけ身軽に、という観点からの選択。
現在もっているポータブルミュージックプレイヤーがiPodShuffle(NewType)だというのならば別だけれど、その他の場合、ヘッドフォンと本体をつなぐケーブルがわずらわしく感じるかもしれない。トレッキングのときに邪魔になるかもしれない、ということでケーブルレス、つまりワイヤレスでの視聴環境を持ちたくなるというのは必然。
そこでこの商品を選択したわけなのだけれど、この商品はBluetooth1.2準拠のオーディオ送信機(Audio Bluetooth Transmitter)。
もちろん、受信機とセットで使う必要があるわけなのだけれど、たまたま僕は携帯電話のP902iを持っていたので、それとセットでmLink R for P902iという受信機を既に持っていたという背景もある。
通常のイヤフォンジャックにこのmDongle3を差し込むと、そのイヤフォンジャックから出力されるはずの音が、受信機に無線で飛ばされる仕組み。
で、僕の持っているmLink Rはあくまで受信機で、そこから更にイヤフォン端子でイヤフォンやヘッドフォンを繋げなくてはいけない。が、逆に言えば好きなヘッドフォンをつなぐことができるので、自分の耳にフィットするものを選ぶことができる。
形にしても音にしてもね。

ということで、このmDongleを使って、PSPから音を流したりとか、色々考えた・・・・。
が、肝心のmLink Rをここしばらく使っていないと思ったら、行方不明に。
ということで、また買っちゃった(笑)

とりあえず、このBluetooth送信機は、コンパクトで、軽く、デザインが悪くなく(奇抜でなく)充電しやすく、バッテリーの持ちがいい、と言う部分が重要かな?
後は、バッテリーの残量がわかったりすると尚いいのかも。

以下Bluetoothについての余談。

続きを読む >>



東京・埼玉でオール電化工事を頼むなら
このpageのtopへ▲

Popular Threads

Powered by Disqus
totaltodayyesterday

2018

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RSS & Recommends

アスクル
Add to google
iriver eストア(Cover Story Basic)
マウスコンピューター/G-Tune
AdobeWebPremiumCS5
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
いぶろぐも使っている JUGEM PLUS
スーパーバッド 童貞ウォーズ
DIRECTORS LABEL ジョナサン・グレイザー BEST SELECTION
ROUTES

Recent Comment

Recent Trackback

***
デザイナーズ・フォントセレクト1000
フリーフォントガイドブックFOR WINDOWS Vol.2 (2) (I/O BOOKS)

スカウター : いぶろぐ part2
このpageのtopへ▲