いぶろぐ part2

日々創作




TVの壁掛け工事

こちらのテンプレート(JUGEM用)はフリーダウンロードできるようになっています。
お使いになりたいからはこちらからどうぞ。 テンプレート[Rooms YouTube対応版]
テレビ無しのシンプルバージョンはこちら。 テンプレート[Rooms]
また感想やご意見、改訂版の確認などはこちらの記事へ。 [Rooms]シリーズサポート

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

PS3改造計画という記事を書いてから早・・どのくらい?もうすぐ3年です。
初代PS3も購入早々にHDDの入れ替えをしましたが、当時は2.5インチHDDの容量と値段のラインナップにより、むりやり外部電源を使用した3.5インチHDD仕様となっていたわけです。

そして今回は2009年9月3日発売のスリムになった新型PS3(CECH-2000A)のHDDを早速換装してみましたが、せっかく本体もスリムになったし、2.5インチHDDの容量もアップされ値段もお手ごろになったということで、2.5インチHDDでの換装です。
換装はとても簡単だったものの、今回は初期型と違ってシステムのインストールが自動で行われない(※外部から入れてあげる必要がある)ということで、USBメモリとノートPCを別途用意した)ので注意が必要。とはいっても全部で30分もみれば終わるのではないでしょうか?

必要なものは上にも書いたUSBメモリ(USBカードリーダーとそれに対応したカード・SDとか、でもいいと思います)とネット環境のあるパソコン、工具はマイナスドライバーなど先の薄いものとプラスドライバー。プラスドライバーはあまり太すぎてもダメなので#1以下がいいと思います。精密ドライバーでも可。

とりあえず換装する部分の動画をYouTubeにアップしてみましたので参考にしてみてください。
この他にシステムのインストールなどに関しては動画や写真の編集が終わり次第またアップしたいと思います。また今回の動画編集には試用版のSuperLoiloScopeを使用していますが、編集中に何度も困ったことがありましたので、そのあたりも別の記事におこせたらと思っています。





JUGEMテーマ:PS3全般
 



評価:
---
LG電子
¥ 39,800
(2009-03-20)
Amazonランキング: 3674位

発売直前から値上がりが続くディスプレイ。
でも欲しい。
LG電子 FLATRON Wide W2753V-PF
発売1週間前は30000円程度で売りに出ていたお店もあったのに?!
デュアルにするなら縦長でも良いのにとか思うけど、こういうのをデュアルで使ってみるのって面白くない?

んでもって、これをデジタルでデュアルってことになると、今のグラボではスペックが足りない。
という事で、考えてるのは
SAPPHIRE HD 4850 512MB GDDR3 PCIE Super LoiLoScope (PCIExp 512MB)

ちょっと気になる動画編集ソフトが安値でバンドルされてるからってのが一番のところなんだけどね。
このソフトを知らなかったら、これの半値ぐらいのグラボで済まそうと思ってたのだけれど、どうにも購買意欲をそそられてしまった・・・。

それに伴って、メモリも2GBから4GBにして、1GBをRAMDISKにしちゃおうかなとか考えてるんだけど、RAMDISKをすんなり活用するためには、わかりやすいソフトを導入すべきかな?そのあたりも調べなきゃね。さてさてさてさて、ちょっと楽しみだなー。
お金ないけど・・・。(笑)



JUGEMテーマ:PC関連
 



ソニーのカーナビが購入して3年になるのだけれど(車と同時購入だった)購入当時から時々急に再起動してしまうので困ったものだと思っていた・・・。なにせ特に細かく道を曲がる直前にいきなり再起動して道に迷いかけたりなんてことも!(笑)
で、HDDに転送した音楽ファイルも古いものばかりだしなー、と言うことで地図のバージョンアップと共に音楽ファイルの整理をしようとしたところ、先日リカバリーしたPCでは全く認識しない!!!
頭にきたのでHDDまで換装してやろうかともくろんでみた(ぇ

今回のクランケはこちら。
SONY NV-XYZ77/B

初期状態で内蔵されているのは、ATA30GB/4200rpmということらしいので、先日100GB/7200rpmのハードディスクを買ってきた。
これで容量もアップするし、回転速度(rpm)も向上すれば地図の読み出し速度も上がるはず。ただし処理回路の性能がアップするわけではないので、あくまで読み書き(書き込みはあまりないけれど)の速度のみアップする、と思う。

HDDを買ってきてからの話だけれど、PCでナビを認識しないと言う情報を探してみた。そこで意外なことに、ネットオークションで「HDDを最大160GBに換装するサービス」と言うものをやっていた。つまり、HDDの換装は可能だということ。
まぁ、実際一度分解してるんだけどね。

と言うことで、さっそくやってみよう!

続きは後ほどアップ!


JUGEMテーマ:車/バイク





昨日のエキスポの影響は少なからず受けてはいると思うけれど、とりあえず毎度のことながら夏の繁忙期がひと段落すると、どうにもDIY熱が訪れる気がする。
今朝は、会社の倉庫に材料をうまく収納するための棚を作った。
3日間に分けて作ったけれど、作業時間は一人で5時間ぐらい?!
総重量が100kgぐらいあったので、最後にひっくり返すのが大変だった(笑)

この後は、時間を作って自分の部屋用のアイテムを製作しなくてはいけない。
が、それと同時にこの間届いた室内壁面用スピーカー接続端子を片付けねば。

今現在、自室のスピーカー配線は壁中隠蔽で、直接スピーカーとアンプに接続されている状態。
音質で言えば接点が少ない方がいいだろうけれど、後々のことを考えると、ぴったりの長さで加工するのも怖いし、かといって余裕を持たせると邪魔だし無駄になる。とはいえ、実情としてはこの5年間、ぞの無駄状態で過ごしてきた・・・。
ということで、今回購入したのはこれ!
松下電工株式会社 WTN4102W(メーカー希望小売価格¥6,195税込み)
松下電工 スピーカーターミナル WTN4102W

もともとは左右のスピーカーなど二つのスピーカーをつなげるための端子で、一対用(WNT4101W メーカー希望小売価格¥3,990税込み)というのも別にあるのだけれど、うちの場合はカナレの4芯を一つのスピーカーごとにつなげているので、こういうチョイスになった。4芯にしたのはバイワイヤリングに対応させるためだけれど、芯が太すぎるので2対の端子に分けないと接続できないと言うのも事実。
カナレの4S12F
カナレ 4芯スピーカーケーブル 4S12F
この端子は、バナナプラグで接続しなければ、上から埃がかぶらない透明のカバーがつくので、とてもいい状態で接続していられる。ということで、今回はバナナプラグを使わなかった。(ちなみに、スピーカー、アンプ接続部分はバナナプラグを使用)
壁面に取り付けるのはとても簡単なので、スピーカーケーブルを先行配線している場合はとてもお勧め。音に関しては聞き比べてはいないものの、つくりはしっかりしているし、ケーブルが直接出てくるよりかなりスマート。
今回はこんな感じ。
WTN4102W取り付け例
これはフロントライトスピーカー用の接続端子。
回りの枠はメタルプレートを使用。

ちなみに、下位ターミナルとしてWN4811(メーカー希望小売価格¥1,418税込み)というものもある。正直言って、これは安っぽいしそれなりのケーブルは接続できないのでは??せっかく先行配線するぐらいなら、こんな端子はつけない方がいいと思う。と言うのは、あくまでホームシアターなどにこだわりを持つパーソナルユースでの話。もちろん、業務用では多聞に需要があると思うけれど。

更にフロントレフトスピーカーのケーブルが出てるところは大変なことになっている!!!
壁からスピーカーケーブルが直接露出
これはレフトスピーカーとサブウーファーと映像用ケーブルが出てきているところ。
・・・・。

さて、この後のグレードアップ対策として、今現在先行配線されている映像コードも端子化したい。
今現在先行配線で使っているのは、カナレのV3-5CFBという結構太目のケーブル。
公式データによると外径17.1mm。100mでの質量が29kgというもの。
黒い外装(シース)の中の3本の同軸ケーブルはそれぞれ赤・緑・青に着色されているので非常にわかりやすい。
カナレ 同軸マルチケーブル V3-5CFB
ただ、重いし太い・・・。

プロジェクターに接続されたケーブルも端子化したい。
プロジェクター接続部分

このあたりとかで是非使いたいのはこれ。
カナレ 壁面Dsub15Pコンセント WCP-HD15F-M


カナレ Dsub15P BNC5 変換ケーブル 5VDSxxx-J1.5C


どのぐらいで仕入れられるか調べてからにはなるけれど、こういうものですっきりしたいなー。

コンセントは地味だけれど、インテリアと機能性をがらりと変えることもあるので、是非積極的に調べてみたいところ。ちなみに、電源回りは電気工事士の資格がないといじってはいけないので注意。

自分の部屋でこだわったコンセントの例。
漆壁の真鍮コンセントプレート
漆系塗料で塗った板を貼った壁に備え付けたコンセント。
真鍮製のプレートを使っている。


今回調べていて思ったのは、今回紹介した既製のコンセント以外でも、自作してしてみるのも面白いのではないかな、と。
スピーカーターミナル一つとっても、ターミナルだけで販売されていたりもするので、コンセントプレートの規格にこだわらなければ、色々なことが出来そうだ。

自分のメモとして幾つかのリンクを残しておく。
埋め込みスピーカーターミナル
一覧


カナレ

いつかはホームシアターを作ろう(ブログ)※検索途中でたどり着いて、興味深かったのでリンク。

それにしても長くなったなー。



うーむ。なんだかんだで動画が救出できたので編集してみた。

HDD換装動画編集の感想・・・。

疲れた。
疲れた。
疲れた。

しかもうまくいったかどうか不明。

BGMをつけようと思ったけど、何も浮かばなかったので却下。
PS3のHDDを外付け3.5インチ大容量HDDに換装した動画を撮り直してアップしたので、興味があったら見てみてね。

記事は「PS3改造計画その2」参照。



はい。ということで、PS3のHDDをとうとう換装してしまった。

※最新型(薄型)PS3(CECH-2000A)のHDD換装に関してはこちら。
最新型PS3改造計画

元はPS3の60GBモデル。
換装したHDDは15000円弱で買ってきたサムスンの400GB。



大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す
大型鏡の壁掛け作業3 板の固定と下穴
大型鏡の壁掛け作業4 フック用金具の準備と固定
大型鏡の壁掛け作業5 フック受けの固定と測定 そして完成

壁の引っかけを水平器で測る
フック2個取り付け完了
フック受けの高さを測る
フック受けの高さを左に写す
水平器を使って直線を引く
右のフック受けから距離を測る
左フック受けの場所あわせ

まずひとつのフックを鏡に取り付けた後、壁にフック受けをつけ、その後間隔をよく考えて続けてフック受けを壁に取り付ける。
その跡に鏡に二つ目のフックを取り付けるほうが、作業がしやすい。壁で細かい作業をするよりも、足元で細かい作業をという理屈。
また、床からの高さを測りその高さを左の柱の辺りに写す。このときその高さを水平器を使って直線にして写し取る。
今回は鏡にフック用の板を2本つけ終わってからの作業だったので、写真のようにその寸法で右フックから場所を割り出しているけれど、柱の場所が明確ならばこの作業は逆になったほうがいいのかもしれない。つまり、つけ方としては「右側のフック用の縦板を鏡に取り付ける」→「壁にそのフックに対応したフック受けを取り付ける」→「更にその下段のフック受けを取り付ける」→「その高さにあわせて鏡の縦板にフックを取り付ける」→「壁に左側のフック受けを取り付けるx2」→「左右のフック受けの幅に合わせて、鏡の裏に縦板を取り付ける」→「左側のフックを取り付けるx2」
とりあえずはこんな感じ。
フック受け4個取り付け完了
フック4個取り付け完了

このときに先述したネオン管が乗るように板を横板に打ち付けてあるのだけれど、これは板をカットしてもらったときの端材。ちなみに横板は30ミリメートルx30ミリメートルの木材を使用。
取り付け完成照明オン
取り付け完成照明オフ
取り付け完成上から見た図

今回使用したネオン管は車用の市販品を家庭用電源で使用できるように改造したもの。
電気の改造が苦手という方は家庭用電源で車用品を使うための電源が合ったはずなので、それを使用してみるのもいいかも。その部品についてはまた機会があれば紹介しようと思う。


大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す
大型鏡の壁掛け作業3 板の固定と下穴
大型鏡の壁掛け作業4 フック用金具の準備と固定
大型鏡の壁掛け作業5 フック受けの固定と測定 そして完成



大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す
大型鏡の壁掛け作業3 板の固定と下穴
大型鏡の壁掛け作業4 フック用金具の準備と固定
大型鏡の壁掛け作業5 フック受けの固定と測定 そして完成

フック金具と三角木材
フック用金具に合っていない三角木材

今回購入したフック金具は内寸30ミリメートル。購入した木材も一辺30ミリメートル。どう使うのか想像はつくだろうか?ともかくフックの内側がきっちり90度に曲げられていないため、このままでは浮いてしまっている。また長いまま使うわけもないので次のような処置をした。
のこぎりと金具
切り取った三角木材
ということで、まずは金具の幅と同じくらいに木材をカット。これは自宅できった。
僕の場合は自室でカットしたけれど、もちろん切りくずなどの掃除はちゃんとしようね。健康にも悪そうだし、なにより訪問者が不快。
それでもって、前述したとおり角が当たって浮いてしまっているので角をカット。柔らかい木材であれば、カッターナイフで十分。カッターナイフも安物でも高いものでも、最初に買ったものについている刃よりも、替え刃を購入したほうがたいていは切れ味がいい。古い刃の処理には十分注意するように。
角を取った木材
こんな感じに削って、フックの内側に取り付けるわけだけれど、これはフックを壁にかけたときにフックがずれないようにするため。また、フック受けにも三角の木材を入れることによって、引っ掛けやすくもなる。

フック取り付け後アップ
横木、フック一個取り付け

フックを取り付けるのと横木を取り付ける作業をした。kの横木は簡単な補強の意味もあるけれど、それよりも一番大きな役割はネオン管を置けるようにすることだった。
これは鏡が壁にぴったりかけられないとあきらめた時点で思いついたことなのだけれど、どうせなら単純に裏を空洞化するのではなくインテリアとして発展させたかった。その結果こうなった。ただ、この横木は見たとおり横木と鏡との間に縦の板分、つまり30ミリメートル空間があるので、そこに落ちないように工夫をしなくてはいけない。今回は逆にその空洞に落としこむ感じに固定するよう板を組み合わせてみた。


大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す
大型鏡の壁掛け作業3 板の固定と下穴
大型鏡の壁掛け作業4 フック用金具の準備と固定
大型鏡の壁掛け作業5 フック受けの固定と測定 そして完成



大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す

フック用縦木取り付け
鏡をまず裏返しにおいて、購入してきた木材を固定していくわけだけれど、この鏡にはもともと脚がついていたので、それをドライバーで外す。作業1で紹介したような充電式ドリル・ドライバーがあると楽だろうと思う。
脚を外した後、木材を固定していくわけだけれど、この写真ではすでに一番右側に一本固定されている。これは見てのとおり、正面から見えるのが幅30ミリメートルの面で、奥行きに60ミリメートルとっている。なぜかというと、フックで壁にかけた時点で60ミリメートル以上鏡が手前に出てしまうので、それをきれいに見せるためだ。
そして、2番目に取り付けるのは壁掛け用のフックを取り付けるための支えとなる木。この位置によって壁いかかる鏡の位置が変わってくるのでよく考えること。もちろんもう一本の支え木の位置も決まるので、鏡の重心や重量もよく考えて決定するように。
また、この木は鏡にビスで固定できるわけではないので、実際は鏡の枠の木に固定する形となる。この固定がしっかりするようにビスの長さはその枠に十分刺さり、それでいて突き出ない長さが必要になる。右側の目隠し用の板もそうだけれど、板を割ってしまわないように細いドリルで下穴を開けておくとよいだろう。
充電式ドリル・ドライバーがあればたいてい先端が換えられるので、次のような「ドリルビット」を用意するといいだろう。
ドリル丸棒
ドリル六角

上記の違いがわかるだろうか?左はドリルの根元が丸くなっているが、右は根元が六角形になっている。充電式ドリルによってはそのままではどちらかしか使えない場合があるので、よく確認して購入していただきたい。
充電式ドリル・ドライバーがない場合には、キリで下穴を開けておくことをお勧めする。
しっかりと板が固定できたら、次はフックを取り付ける作業に移るとしよう。

大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す



大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す
大型鏡の壁掛け作業3 板の固定と下穴
大型鏡の壁掛け作業4 フック用金具の準備と固定
大型鏡の壁掛け作業5 フック受けの固定と測定 そして完成

コンセント
解説が前後してしまうけれど、今回のように大型のもの、またそれなりの重量物を壁にかけるときには、できる限り柱にビスを打つようにしたほうがいい。その時に柱の探し方として、いくつか紹介しておこうと思う。
まず基本的な柱の位置としては、部屋の角。それから窓や戸の両側。これに限ってはまれに柱の入っていない場合もあるので注意が必要だけれど。それから、コンセントや照明などのスイッチの隣。

上の写真のように普通のコンセントは、表面のカバーを開けると中にボックスが入っている。そして、そのボックスは左右どちらかの柱にビス打ちをしてある。
コンセントカバー外した状態
コンセントを外してビスの方向確認
この写真のように表面のカバーを外して、上下のねじを外すと中のボックスがあらわになる。このボックスをよく見るとビスが打ってあるので(今回は左側に向かって)左に柱があるのがわかる。
ただし、そのビスの先が必ずしもちゃんとした柱であるとは限らず、またはボックス自体が存在しなく石膏ボード(壁材)を挟み込むようにしてコンセントを固定してある場合もある。特に後者の場合は、コンセントを固定しているねじを外してしまうと、押さえの金具が壁の中に落ちてしまうことがあるので注意が必要。また、電気のコンセントの場合は中のコードを不用意にいじると感電の恐れもあるので、くれぐれも作業は慎重に。
また、壁をたたいて音の違いで柱を見分けるというやり方もある。
それと柱と柱の間隔は基本的に決まっているので、それを元に割り出してもいい。日本建築ならば基本は半間(約90cm)ごとに柱がある。

今回は微妙に柱を一本外してしまったので、ボードアンカーを使ったのだけれど、それはこのようなもの。
「三ぶ六君」とボードアンカー
左が商品名「三ぶ六君」。なんでも特許をとっている製品だそうで、細いビスでも太いビスでも使えて、しかも耐荷重が強力だという製品。でも値段も超強力。右側は一般的なボードアンカー。本体と細いボルトのセットなのだけれど、本体がボードを挟み込むような形に広がり、そのあとボルトで対象を固定するというもの。結構がっちりするし、ボルトの抜き差しが(比較的)自由。先述したタイプの本体ねじ込み式のアンカーだと、そこに固定したねじを抜くときに、一緒に本体が抜けてしまうこともある。ただ今回の場合右のボードアンカーのボルトが太すぎて、対象(今回は爪の引っ掛け部分)のねじ穴に入らなかった。
ということで、今回は左の「三ぶ六君」を一部で使用した。

大型鏡の壁掛け作業1 準備編
大型鏡の壁掛け作業2 コンセントの位置から柱を探す
大型鏡の壁掛け作業3 板の固定と下穴
大型鏡の壁掛け作業4 フック用金具の準備と固定
大型鏡の壁掛け作業5 フック受けの固定と測定 そして完成




東京・埼玉でオール電化工事を頼むなら
このpageのtopへ▲

Popular Threads

Powered by Disqus
totaltodayyesterday

2018

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RSS & Recommends

アスクル
Add to google
iriver eストア(Cover Story Basic)
マウスコンピューター/G-Tune
AdobeWebPremiumCS5
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
いぶろぐも使っている JUGEM PLUS
スーパーバッド 童貞ウォーズ
DIRECTORS LABEL ジョナサン・グレイザー BEST SELECTION
ROUTES

Recent Comment

Recent Trackback

***
デザイナーズ・フォントセレクト1000
フリーフォントガイドブックFOR WINDOWS Vol.2 (2) (I/O BOOKS)

スカウター : いぶろぐ part2
このpageのtopへ▲